トップメッセージ

 

ご挨拶

平素より五島ヤクルトをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

ヤクルトの創始者である医学博士 代田 稔の考え「代田イズム」である、(予防医学・健腸長寿・誰もが手に

入れられる価格で)の考えのもと、乳酸菌飲料「ヤクルト」の販売を始めました。

私どももこの五島の地で、「代田イズム」を基盤として、これからも地域の皆さまに愛される会社を目指し、健康づくりのお手伝いを従事者一同取り組んでまいります。

今後とも、ご支援賜りますようお願い申しあげます。

五島ヤクルト販売株式会社 代表取締役社長 山下 恒善

会社概要

会社名

五島ヤクルト販売株式会社

住所

〒853-0001 長崎県五島市栄町9-1

電話番号

0959-72-8960

創業

1954年6月8日

設立

1969年4月2日

資本金

1,000万円

社員数

社員:10名 ヤクルトレディ:25名(令和2年7月1日現在)

センター数

2センター(中央センター、上五島センター)

事業内容

乳酸菌飲料・乳製品・はっ酵乳・清涼飲料・食品・化粧品等の小売業

会社営業経歴

1954年6月

福江市唐人町にて山下恒彦が福江ヤクルト営業所(個人事業)としてヤクルトの製造および販売、食糧品の販売を開始

1969年4月

福江市福江町にて福江ヤクルト有限会社を資本金100万円で設立

昭和48年4月

福江ヤクルト販売有限会社に社名変更及び資本金を200万円に増資この時、ヤクルトの製造を取り止め販売業のみとする

1980年5月

上五島出張所を開設

1984年9月

資本金を400万円に増資

1994年11月

中央センター完成

1998年9月

同年同月ドコモショップ福江店を開業し、携帯電話の販売を開始する

2003年11月

上五島センター完成

2004年10月

福江ヤクルト販売有限会社から五島ヤクルト販売株式会社へ社名を変更し、資本金を1,000万円に増資

2008年1月

本社を福江町10-1より栄町9-1へ移転

2008年7月

弊社、代表取締役社長 山下 恒善と五島ヤクルト販売株式会社の共同出資で株式会社ワイ・コーポレーションを設立(ボウリング場及びアミューズメント施設ワイワイタウン)

2008年9月

ドコモショップ福江店を関係会社である株式会社ワイ・コーポレーションへ事業譲渡

会社での取り組み

新年交礼会

社内にて毎年4月に、新年度にむけて事業計画を発表。

また、ヤクルトレディの永年勤続の功労を称える表彰式を実施しています。

地域貢献への取り組み

健康フォーラム

2019年9月に「健康フォーラムin五島」として、福江文化会館にて開催。

専門の講師をお招きし、腸内環境を整えることの大切さや、今回は認知症の正しい理解と日常生活での実践方法を、お客さまへ情報提供をしました。

お客さまからも、開催に対してお喜びの声を頂き、「健腸長寿」の普及の為、「健康フォーラム」を定期的に開催していきます。

チャリティー贈呈

毎年11月に社会貢献活動としてヤクルトレディがヤクルト・ソフールの売上金の一部を、翌月に五島市、南松浦郡各町の団体施設や社会福祉協議会へ寄付金を贈呈しています。

野球教室の開催

不定期になりますが、ヤクルトスワローズ現役選手やOBによる野球教室を開催しています。

五島市内や新上五島町内の小中学生を対象に、守備別の実技指導等を行い、子ども達も笑顔で参加しています。

外部団体への協賛

五島長崎国際トライアスロン大会や五島列島ビーチクリーンイベントおよび菅原小春ダンスイベント「SUGAR WATER2」等の各種イベントの開催主旨に賛同し飲料の協賛を行っています。

これからも地域の活性化、五島列島の魅力を発信できるイベントに、積極的に協力していきたいと思います。